ごあいさつ

復興・希望の年に!

岡山市は政令指定都市に移行して10年となりました。財政も健全化し、大森市長にとっても2期目を迎え、岡山市も大きく飛躍する重要な時期となっています。

5期目の挑戦となった昨春の市議会選挙では5397票、中区2位の成績で当選させていただきました。また、5月には副議長にも選出されました。平素よりご支援・ご指導いただいた皆様に心より感謝御礼申し上げます。

昨年は、東日本大震災、福島原発事故、台風12号と大災害に襲われ、未だにわが国は深い悲しみと苦難の中にあります。そんな中で誕生した野田政権ですが、震災からの復興だけでなく、沖縄普天間基地問題、TPPの問題、円高や景気の低迷、中国・韓国・ロシアとの領土問題など、何一つ光明を見出せない状況にあります。

一方、岡山市の景気はいまだに停滞しているものの、市政は政令指定都市移行後、何とか順調に進んでいます。財政は行革効果によって大きく改善し、また、長年の懸案となっていた「岡山市民病院の移転・新築」や「川崎病院の深柢小学校跡地への誘致」の問題も動き出しました。

さらに災害に襲われることが少なく、気候温暖、地の利の良さが多くの企業からも着目されるようにもなりました。ピンチの裏側には必ずチャンスがあります。行政と議会、市民がスクラムを組んで、知恵と勇気、努力でチャンスを掴み、希望の持てる時代を目指すべきです。

だからこそ議員には今迄以上の高い見識と実行力、市民に対しての責任感が求められます。私は17年の経験と副議長という重責を担い、議会の先頭となって働き、市民の皆さんの付託に応える覚悟です。どうか、これからも変わらぬご指導・ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成24年春

 岡山市議会議員  三木 亮治

三木亮治事務所 〒703-8258岡山市中区西川原1-14-28

copyright © 2011 mikiryoji All Rights Reserved